ホワイトデー、20代・30代の彼女じゃない女性への最適なプレゼントはコレ!

気になっている女性からバレンタインデーのプレゼントを貰っても、ホワイトデーにどうお返しするかは悩んでしまうものです。しかし、せっかくならこのチャンスはを活かして、二人の仲を親密にしたいとお思いの男性も多いと思います。しかし、意気込み過ぎて逆に失敗してしまう可能性があります。そこで、モテハナ編集部では、独自で20代・30代の女性に「ホワイトデーのお返し」をテーマにアンケートを実施し、そのデータを元に「彼女じゃない女性との仲を親密になる」方法をお伝えします。

1.ホワイトデーにアクセサリーは禁止?

「ホワイトデーは3倍返し」などと言われて、高価なものを送るの時代はありましたが、今回のアンケート結果から、それは既に過去の文化となっていることが判明しました。

「ホワイトデーのプレゼントでもらうのに困った、嬉しくなかったもの…」

1位 金額が高価なもの(ブランドものなど)
2位 アクセサリー・腕時計
3位 服
3位 ギフト券、チケット
3位 アロマグッズ、香水
4位 話題の美容グッズ

男性としては、この機会を活かして女性にアプローチするために、アクセサリーや高価なものをプレゼントしようという気持ちは理解できますが、アンケート結果からわかるようにその結果は散々。。

なぜ、高価なものはダメなのでしょうか? それは立場を変えて考えてみれば分かるかと思います。彼女でもない女性からいきなり「高価な」アクセサリーを貰ったとしましょう。どうでしょうか? 貰った時のリアクションに困っている自分の姿が想像できるのではないでしょうか。

女性も、同じです。たとえホワイトデーでお返しとしてのプレゼントだとしても「高価なもの」は貰っても、女性は困ってしまいます。そして、リアクションに困った女性は徐々に距離を置かれてしまい、距離を縮めるどころか疎遠になってしまうことさえあります。

2. ホワイトデーにおすすめなのは、やっぱりスイーツ

では、なにをプレゼントしたらいいのか、お悩みの男性にモテハナ編集部から必勝のプレゼントを紹介します。

それは…

スイーツです!!

え、そんな無難なものででいいの?って思っている読者もいると思います。しかし、失敗したくないなら「無難」なものがベストです。前出したアンケートでも「無難」な結果がでてました。

「彼じゃない男性からもらって嬉しかったプレゼント」はコレ!

1位 人気のスイーツ(チョコレート含む)、ギフトもの
2位 かわいい雑貨
3位 美味しいお店のディナー
4位 花束、フラワーアレンジメント

アンケート結果から、彼氏じゃない男性がホワイトデーにお返しでプレゼントするのはスイーツがベストだということがわかります。しかし、それでは彼女じゃない女性に対してアピールできないのでは…?と思っている読者も多いと思います。そう思うのは当然です。多くの男性がお菓子をもらったらお菓子を買えそうという無難な選択肢を選んでいては、自分のプレゼントは目立たないと思ってしまうでしょう。

そう思う読者のために、モテハナでは「特別な」スイーツを送ることをオススメします! 下記の4つの点からスイーツを選んでいただければ、他の男性からのプレゼントより目立つことができ、効果的にアピールできます。

・さりげなく選ぶのであれば限定品から

さりげないプレゼントとしておすすめなのが限定品のスイーツです。ホワイトデー限定のフェアなどで輸入食品を仕入れるデパートは多く、スイーツショップでもホワイトデー限定のメニューを扱うことが増えます。女性にとっては、普段から知っているブランドのスイーツだったとしても、開けてみて初めて限定品だとわかるケースも多く、さりげないアピールに使いやすいのです。

その中でも、スイーツマニアの女性も納得する商品が、「ホレンディッシェ・カカオシュトゥーベのバウムクーヘン」。伝統的なドイツ菓子の味でベーキングパウダー(膨張剤)は使用しないなどの厳しい基準を満たした、こだわりの商品を取り揃えています。季節やイベントごとに限定品をそろえ、青と白をベースカラーにしたパッケージがとてもおしゃれでさりげないセンスを感じるスイーツです。

・行列ができるお店のスイーツを使うのもおすすめ

行列ができるお店のスイーツをプレゼントするのもおすすめです。

このように、行列のできるお店のスイーツをプレゼントをすれば、「自分のために並んでくれたのか」と女性は思ってくれるでしょう。また、行列のできるお店のスイーツは、「知っているけどなかなか並べる時間がなくて…」という女性も多くいるため、そのスイーツを初めて食べることでき、大変喜んでくれるでしょう。

たとえば、 「ECHIRE MAISON DU BEURR」(エシレ・メゾン デュ ブール)のバターケーキ。開店前から行列ができるほど人気で、究極のバターケーキと評する人もいる程です。

・ジャムなどの長く使える食品もおすすめ

スイーツと一言で言ってもその日に食べきらなければならない生菓子ばかりでは無く、瓶詰めのジャムなどの長く使えるスイーツを送る方法もあります。なぜ長く使えるのがいいかというと…

長く使ってもらえるということは、使うたびにプレゼントした「自分のこと」を思い出してくれる可能性があるからです。たった1日だけよりも、「長く」自分のことを考えてくれる方が距離が近づく可能性があります。

でも、「ジャムをプレゼントって、日常品過ぎてなんか違和感が…」という読者もいると思います。しかし、最近の瓶詰めはすごいんです!!

羊羹で有名なとらやの「あんペースト」など和風のスイーツに関連した瓶詰めなども登場しており、プレゼントとしても使うことができます。

・パッケージがかわいい、オシャレなスイーツ

最後に一番のおすすめは、パッケージがかわいいスイーツ。女性はとにかくかわいいものが好きです。パッケージの可愛いスイーツやオシャレなスイーツは見た目だけで欲しくなる魅力があります。また、空き瓶や空き箱をインテリアや小物入れに利用する女性は多く、センスの良さをアピールするポイントになっています。

例えば、ダンデライオンチョコレートの販売する「カカオニブハニー(ペレゴールド)」。

シンプルな見た目ながらも、瓶の中身で3層にカラーリングされている様子は非常にオシャレです。また、ガラス瓶もオシャレでちょうどいいサイズなので、小物入れとしても使用することもできます。

3.まとめ

いかがでしたでしょうか。彼女じゃない女性にバレンタインのチョコレートを貰っても、いきなり勝負をかけてアピールするのではなく、徐々に距離を詰めていくのが大事です。あえて、「無難な」スイーツを選択しつつ、そこに「特別感」をプラスことで、さりげなく、自分をアピールしていきましょう。