【tone】on the wall mini(壁掛け花器) 9,720円


植物とナチュラルに馴染む

on the wall mini(壁掛け花器)


品のある佇まい

使うほどに存在感を増し、まるでデニムを履きこむようにゆっくりと美しく、日々の暮らしの中に溶け込んでいく銅製品。tone(トーン)の製品は、400年の歴史を持つ高岡銅器の伝統を受け継いで作られており、その落ち着いた佇まいは、暮らしの道具として長く使い継いでいきたいと感じるものばかりです。


伝統の着色方法で生み出される製品

tone(トーン)の製品の色彩は、塗料を使用せずに、銅素材が持つ特性を利用して着色される、高岡銅器の伝統的な技法により生み出されています。その方法は、銅が持つ本来の色を古くから伝わる様々な薬品を用いて金属の表面を腐食させることで、銅の持つ色彩を引き出していきます。これによって出来上がる色は、青銅色・煮色・宣徳色・鍋長色・朱銅色・焼青銅色など、いろいろな技法や薬品の組み合わせで数十種類もの色のバリエーションが作り上げられます。これらの色の発し方(出し方)は先人方が試行錯誤を繰り返しながら研究開発してきたもので、これら着色技法は、実に利に適った手法で、自然に背を向けずに生み出された着色法といえます。

on the wall mini(壁掛け花器)は壁にかけて使う、タペストリー型の一輪挿し。壁にかけて使うタイプなので、花器を置く場所が無いような玄関や洗面所などもお花で彩ることが出来ます。鮮やかな色の花と、落ち着いた銅の色をコントラストが美しく、まるで一枚の銅の板から花が咲いているようなシンプルなデザインは独特の佇まい。生けるお花の形や大きさ、色で様々な表情を見せてくれる花器です。銅板の裏に、取り外し可能なガラス管が備え付けられていますので、こちらに水を入れてお花を生けてください。箱入りですので引越しのお祝いなどにも喜ばれますよ。

暮らしに溶け込む道具を

高岡銅器は400年の歴史を持ち、江戸時代に加賀藩の前田利長公が産業振興のために鋳物師を招いたことが始まりと言われています。花瓶や茶道具、置物、仏具、銅像などの銅器の分野では現在でも全国の約9割のシェアを占めており、日本だけでなく世界にも認められている伝統工芸品です。


価格

9,720円(税込)  送料無料


サイズ

サイズ 幅10×奥行き1.7×高さ36.5(cm)
重量 約350g
素材 銅
製造国 日本
付属品 ガラス管2本
箱有無 有