ドライブデートでは、女性はあなたがどんな車に乗っているかではなく、あなたの〇〇〇をチェックしている

 

車が明確なモテアイテムだった時代は過去のものになりつつあります。以前は、男性からすればどれだけ車にお金をかけられるかがステイタスであり、成功の証でした。

しかし、現在では成功する人自体がわずかになっていることに加え、女性はより現実路線で成功の度合いなどをはかるようになっているため、カッコいい車にさえ乗っていれば、女性からモテモテだった時代はすでに終わっています。

また、車自体に詳しくない女性も増えているため、今の時代、何の車に乗っているかというより、どのようなチョイスをするか、センスの方が重要視されて来ています。

 

場面に応じて車を選べる人間はモテる

場面に応じて車を選べる人間は間違いなくモテます。これは自分の愛車にこだわりすぎて雰囲気を壊す人間がいるからです。

例えば、キャンプなどのアウトドアデートにスポーツカーで登場したらどうでしょうか? アウトドアの場合、荷物が増えますから、それなりの積載量が必要になります。そこへ、トランクすらないスポーツカーで登場したら・・・

重要なのは、どんな車を持っているかどうかではなく、場面に応じてレンタルできるかなど選択肢の幅が広い男性の方が、女性からのプラスの評価につながります。

何がなんでも「デートにはスポーツカーでしょ」と思う人は、一度スポーツカーをレンタルして女性の反応見てみるのもいいかもしれません。男性が思っている以上に、スポーツカーが苦手な女性は少なくありません。

無理にブランドネームで推すよりも、相手の好みや求める経済観に合わせて臨機応変に対応することも大切です。変にこだわりを持つよりも、車は買い替えるものであるという姿勢もポイントになります。相手に合わせて車をチョイスできる懐の余裕と心の余裕のある男性は、女性には魅力的に映るものです。

 

車選びも慎重に

モテを軸に車を考えるのであれば、女性が好きそうなかわいらしい車を選ぶのは危険です。これは車の持ち主自体が女性的だと思われてしまう可能性があるからです。

もちろん、自分の趣味で選ぶ分には問題が無いものの、モテからは遠ざかる可能性があります。女性は表向き「かわいい車だね」と言うかもしれませんが、心の中では「この男はなんでこんな女の子趣味なんだ・・・」と思っている可能性が高いです。

また、車を選ぶのであればスポーツ性能と考える人もいますが、実際に女性が乗る場合に気にするのは、乗り心地やスペースの広さです。スポーツ性を重視すると居住性が悪くなり、乗り降りがしづらかったり、車種によってはリクライニングができなかったりで、乗り心地の快適性を損ねる場合があります。

デートを視野に入れて車選びをするなら、車内スペースが広い車を選ぶことが基本となります。狭いスペースに大人2人がぎゅうぎゅう詰めになるのは、かなり圧迫感があります。そのような空間で長時間過ごすことは、快適とは言えません。

スポーツカーは車好きの経済的に余裕のある大人の男性が一人ドライブを楽しむための2台目としてならいいでしょうが、よほどの車好きの女性でないかぎりは、スポーツカーはデートにおすすめできません。

 

運転技術や思いやりもチェックされている

車を選ぶだけではなく、丁寧に運転する事も大切です。運転の荒さで女性に引かれる事は少なくありません。スピードを出したり、荒々しい運転をするのはちっともカッコよくありません。大切なのは、快適なドライブデートを相手と共有できるかということ。ブレーキをかけるタイミングを心持ち早めにし、ゆっくり止まれるようにするかどうかでも乗り心地は大きく変わります。

車選びももちろん重要になりますが、それ以上に運転のテクニックなどはチェックされています。運転はその人の性格が出ると言われます。デート中に口喧嘩になって、運転が荒くなるような男性は最悪です。自分のイライラを運転にぶつけて、自分のみならず、彼女の命まで危険にさらしているわけですから。すぐに感情的になり、その程度のことすら想像できない知能の持ち主なのかと判断され、遅かれ早かれ別れを告げられることでしょう。

女性が運転に求めているのは安心感やストレスがないことです。助手席で眠ってしまったらそれだけ安心できているということでもあるため、怒らずに眠らせてあげるくらいの余裕は見せたいところです。

ドライブデートは、どんな車に乗っているかということより、どんな時間を共有できる人なのかを女性はチェックしています。カッコつけた車で颯爽と登場すれば、女にモテモテと考えている男性は少なくないようですが、そんな単純な話ではないのです。

 

PROMOTION