「好き」より刺さる?!大人の男性におすすめの告白のセリフ3選


好きな女性に告白したいけど、イマイチ決めゼリフが浮かばない・・という人はいませんか?

若い頃ならともかく、30~40代メンズが「好き」「付き合って」なんて恥ずかしくて言えないですよね。今回は、女性がキュンとくる、大人の男の告白の方法とセリフについて探ってみましょう。


告白は面と向かって堂々と!

告白のセリフを考える前に、まずシチュエーションを整えましょう。恥ずかしいからといって、メールやLINE、電話で告白するのは避けてください。10~20代ならLINEで告白するのもアリですが、大人の男はそんな真似をしてはいけないのです。正々堂々と会って、しっかり相手の女性の目を見つめて告白したほうが好印象です。場所は誰にも邪魔されず、2人きりになれるところならどこでもOKです。ただし、タイミングだけは気をつけて、女性が自分の話に集中できるかどうか、確かめてからにしてくださいね。


女性がにキュンとくる告白のセリフ3選

1.「もっと大事にしたいと思ってる」

大事にしたいというのが何とも心地よい響きで、優しげな印象を受けるので好感度が高いです。
この人なら大切にしてくれるかもと、真剣に考えてしまうセリフですね。


2.「こんな彼女がいてくれたら幸せだな」

楽しく会話している時に、いきなりこのセリフが出るとドキッとさせられますね。
それって彼女になって欲しいってこと?なんて思わず勘ぐってしまいます。


3.「ずっと一緒にいてくれる?」

疑問形にすると女性が答えやすいというメリットがあるセリフです。
やや可愛らしい印象を受けるので、年上の女性には効果抜群でしょう。


「好き」も「付き合って」も言わない告白がベスト

告白というと、どうしても「好き」「付き合って」の2つの言葉が浮かぶのではないでしょうか。でもそれがかえってチープな印象を残し、冗談だったのかな・・と軽くあしらわれてしまうこともあります。敢えてこれらの言葉を使わず「大事」「幸せ」「一緒に」というキーワードを選ぶと、女性に気持ちが伝わりやすいです。より真剣に聞こえますし、これは告白なんだ・・と女性側も気を引き締めて耳を傾けてくれますよ。


告白なんてしなくても雰囲気で分かるでしょ?と考えている男性はとても残念です。女性にとって交際を申し込まれるのは「記念日」に匹敵するくらい大事なもの。そんな繊細な女心を理解して、きちんと告白できる男性こそ、女性が理想とする彼氏なのです。ご紹介したセリフを参考に、勇気を出して好きな女性にアタックしてくださいね。