大切なのは清潔感!「男のしみ・しわ・たるみ対策」は大丈夫?


30代を超えると気になってくるのがお肌のトラブル。肌の状態が悪いと実際の年齢よりも老けて見られてしまいます。しかしスキンケアを始めようとしても何から始めていいのかわからないと言う人も少なくありません。そんな人がまず始めたいのは「紫外線対策」です。


紫外線が肌に悪い理由

紫外線がなぜ肌に悪いかというと、紫外線は皮膚の奥まで届きやすいだけでなく、肌のはりやツヤを守る物質を破壊、肌を老化させてしまいます。また、肌はダメージから身を守るために「メラニン色素」の分泌を始めます。このメラニン色素のおかげで肌はダメージから守られますが、同時にシミやそばかすの原因になってしまうのです。

しかも恐ろしいことに、紫外線は皮膚の奥で蓄積して、時間を経過してから肌にダメージとして表れます。中年以降、シミができやすくなってしまうのはそのため。しかもシミは肌の印象をぐっと悪くしてしまうため、30代を過ぎて急に老けたとみられる原因になってしまいます。


紫外線に鈍感な男性

女性の場合、25歳はお肌の曲がり角と言われるように、若いころからスキンケアに敏感。しかし、男性の場合、若いころからスキンケアに気を付けているという人は少数派。しかも男性の皮膚は女性と比べて頑丈で、しかもコラーゲンなどを豊富に含んでいることから、ダメージが表に現れにくいという特徴があります。そのため、ついつい男性は紫外線に鈍感で、その結果、肌には気づかないダメージが蓄積してしまうのです。


日焼け止めクリームやサングラスで対策を

一度肌に浴びてしまった紫外線は、残念ながら取り除くことはできません。しかしこれから浴びる紫外線を予防すれば、これ以上のダメージと肌の老化の促進を食い止めることができます。

紫外線対策に一番重要なのは「油断しないこと」。今日は天気が悪いから、屋内でデスクワークだから安心というのは大きな間違い。というのも、多少空が曇っていても、紫外線と言うのは常に降り注いでいます。またUVカットの処理のない場合、ガラスを通しても皮膚にダメージを与えます。そのため、曇りの日でも屋内でも紫外線対策は絶対に必要です。

紫外線対策にまず有効なのは日焼け止めクリーム。常に日焼け止めクリームを塗っておくだけで皮膚へのダメージをかなり防ぐことができます。また、サングラスも非常に有効。紫外線は目を通しても身体に入って来ますが、UVカットのサングラスをかけることは、紫外線から皮膚を守ることにつながります。男性の日傘はハードルが高いものですが、サングラスならおしゃれにも見えて一石二鳥です。

スキンケアは少しの努力の積み重ねが効いてくるもの。早く始めれば始めるほど効果があります。毎日少しずつ頑張ることで、いつまでも若々しい肌を手に入れましょう。