自撮りは特に注意!「割増美人」の見抜き方

まつ毛エクステやカラーコンタクト、フォトショップに代表される画像加工ソフトなどで、美人を偽装することが容易な時代になりました。それによって激増したのが「割増美人」。SNSの画像では美人だったのに会ってみたら別人だった、メイクを落としたら誰だかわからなくなった、男にとってはそんなガッカリな目にあわないように、割増美人の見分け方を解説します。

割増美人の見分け方1. 唇は見るな!

ぷるんとした唇は男性にとっては魅力的に映るものですが、実は唇こそ、もっとも偽装しやすいポイント。男性にとっては唇メイクのグッズといえば口紅やリップといったものぐらいだろうと思いがちですが、唇の輪郭を立体的にぽってりと見せるリップライナー、唇をぷるぷるに偽装するリップグロスなど、数多くの偽装グッズが販売されています。しかも最新のコスメは化粧落ちが少ないため、以前なら食事をする前と後では唇の具合が違うといったことから判断できたことも、最近では素人には見分けがつかないものになっています。男性に出来る対応策は「唇に惑わされない」ことだけ。逆に言えば、唇が魅力的な女性は要注意かもしれません。

割増美人の見分け方2. まぶたは偽装し放題!

ぱっちりした二重のまぶたは、割増美人が最も力を入れるポイントです。目はメイクだけでなく、美容整形などで偽装されていることもあり、やはり素人目には見分けが付きません。さらに最近では以前よりも美容整形の価格がお手軽になっていることもあり、進学や就職の際にこっそり美容整形を行っている女子も少なくないとか。しかし逆に言えば、一重で美人の女性は本当に美人の可能性が高いと言えます。偽装ではなく本物美人がいいという人はあえて一重まぶたの女性にトライしてみるのもいいかもしれません。

割増美人の見分け方3. ナチュラルは信用するな!

男性の場合、「自然」「ナチュラル」なメイクを見ると元から美人かと考えてしまいますが、実はそれが落とし穴。というのも、ナチュラルメイクのほうが普通のメイクよりもはるかに時間も手間もかかっています。そのため、ナチュラルメイクの女性は割増美人の可能性が大。そんな偽装ナチュラル美人を見分ける方法は頬に入れるチーク。チークは肌の色を明るく見せるだけでなく、小顔効果もあるという偽装美人の必須アイテムですが、逆にチークを入れてなくてもきれいな女性は本物美人の可能性大。といっても、入っていないように見せるチークもあるので油断はしないほうがよさそうです。男性にはハードルが高すぎる割増美人の見分け方。とりあえず、どれだけ美人でも疑ってかかったほうがいいのかもしれません。