【モテる男のLINEの頻度】まずは相手の立場に立って考えよう!「モテる男のLINEテクニック」とは?

LINEで女性にモテるには

LINEはアラサー、アラフォー世代ではほとんどの人が利用しているツールになりました。ちょっと前までは、「電話で告白」や「メールで告白」という時代でしたが、現在ではLINEが告白のツールとして使われているのです。それだけLINEが普及をしたということでしょう。そこで今回は、LINEを利用して女性にモテるために、女性のことを落とすための簡単な方法をお伝えしていきたいと思います。簡単に出来ることと、意識の問題ですので皆さんも今回お伝えしたことをぜひ行ってみて下さい。

相手に合わせたやり取りを行う

いろんな女性がいますので、その女性に合わせたやり取りをしなければなりません。言葉数が多い人もいれば、言葉数が少ない「うん」や「はい」だけの人もいますので、無理して会話を引き出すよりは合わせて、返信は「なるほど」や「そうなんだ」程度にとどめ、相手のぺースに合わせるのが無難です。言葉数が多く、会話が弾む女性の場合はそのまま楽しく会話をすれば良いですが、言葉数が少ない人に長文を強要してはいけません。LINEの頻度、文章の長さが必ずしも相手への思いに比例するわけではありませんので、そこはどうか間違えないようにしてください。

マメな返信を心がける

レスポンスの速さはモテる男性の特徴でもあります。こちらから送ったLINEのメッセージにはすぐに返信をするのはもちろんのこと、仕事中や忙しいときでも「あなたに興味があります」や「あなたと話したいです」などと言った気持ちを受け取ってもらえるような素振りを見せることが大事です。良くありがちな「既読スルー」などといった事は印象が良くありませんので決してしないようにしましょう。とはいえ、メッセージを送り過ぎても、それはそれで相手の印象が悪くなってしまいますので、上手く調整することが大切です。

絵文字やスタンプに気をつかう

LINEのやり取りをするにあたって必ず使われるのが絵文字とLINEスタンプ。ただ単に言葉だけだとそっけなく見られたり、印象が悪くてしまいますので、上手に使うようにしましょう。ただ、スタンプはその人のセンスや嗜好が表れやすいもの。何の気なしに贈ったスタンプを見て「気持ち悪い」と思われている可能性も・・・スタンプのチョイスは慎重に。

相手が嬉しい、楽しいと思っているか?をきちんと考えよう

今回お伝えしたことはどれも難しくありません。相手に嬉しいと思ってもらえるか、興味を持ってもらえるか、それを考えればいいだけです。初めはたどたどしかったり、自信がなく失敗してしまうこともあるかもしれませんが、それも経験です。その経験を糧にまた頑張れば良いのです。