顔面偏差値が低くても大丈夫?!イケメンじゃないのになぜかモテる男がしている言動3つ

世の中では第一印象で決まることが多いですよね。何でも見た目に決まることがあって嫌になってしまいますが、恋愛においても例外ではなく…。やはり女性にモテる男性は顔がイケメンな男性が残念ながら非常に多いのです。しかし、顔面偏差値が低くても、内面によって女性のハートを掴むことは可能です。今回はそのような顔面偏差値に自信が無い男性でも女性にモテるために必要な3つの言動を紹介していきます。

イケメンじゃないのになぜかモテる男がしている言動(1)清潔感がある

イケメンでもイケメンではなくても女性が男性を見て重視する要素は「清潔感」ではないでしょうか。清潔感と聞いて思い浮かべることは服装が挙げられますが、身なりを整えることは絶対条件だと思うのです。だらしない恰好や無精ひげを生やしたままではモテる・モテない以前の問題なのです。イケメンでなくてもモテる方というのは、身なりに気品があり女性からの印象が良いからではないでしょうか。気品からは悪い印象を感じないように、立ち振る舞いの美しさもモテるためには重要なのです。

イケメンじゃないのになぜかモテる男がしている言動 (2)女性の話をよく聞く

受け答えの問題ですが、どんなにイケメンでも女性と会話をする時に自分のことしか話さない、さらには女性が傷つく言葉を気づかずに発言してしまう状況把握能力の欠如。これらの要素は致命的で、女性から好かれなずどんどん離れていきます。好意を寄せる女性と会話をする場合、その女性の話を良く聞いてあげる意識も大切なのです。行間を読むとは違うかもしれませんが、自分本位な会話ばかりする男性が苦手な女性はたくさんいますし、例え興味のない話題を振ってしまっても気付いて修正する適応力により女性に強い印象を与えるのです。

イケメンじゃないのになぜかモテる男がしている言動(3)優しい

人間社会でもそうですが、最後に大切となる要素は人を思う気持ちと優しさではないでしょうか。綺麗ごとのように感じるかもしれませんが、女性が困っていれば見返りを求めず手を差し伸べたり、一緒になって困難に立ち向かおうとする姿勢によって男性の評価が決まるのです。一緒に居たいと女性が思う男性こそが最愛のパートナーになる可能性がありますし、人の優しさに飢えている現代だからこそ、優しさや相手を思う気持ちが重視されると思います。イケメンでも他人のことを考ようとせず行動する男性はモテないように、最後はやはり愛情深さや優しさによってモテるのかモテないのかが決まるでしょう。

まとめ

確かにイケメンでなくても女性にモテモテな男性は存在すること、表面的なことよりも内面を重視する女性がいることも事実。簡単に女性にモテるのならこれだけ悩む方はいないはずですが、モテるためには時間を掛けて自分を磨く、勉強するといった努力をすることも大切かもしれませんね。