【30代男性が恋愛に慎重になる理由】どうしても結婚がチラついて尻込み?!

婚姻率の低下や少子化を招いている理由のひとつに、30代男性が恋愛に慎重になっていることがあげられます。街コンや婚活アプリブームが巻き起こる一方で、適齢期の男性が恋愛や結婚に踏み切れない事情があるようです。今回は、恋愛に慎重になりやすい30代男性の心理と、一歩進めない現実的な理由についてまとめてみました。

30代男性が恋愛に慎重になる理由(1)仕事に遣り甲斐を感じている

20代で入社したなら、10年以上経てば仕事も慣れてくる頃でしょう。それなりにキャリアを積んで、重要なポストについている人もいるのではないでしょうか。上司のご機嫌を伺いつつ、部下の育成にも力を注ぐ中間管理職のポジションです。出世コースが見え始めるのもこの頃ですから、仕事に遣り甲斐を感じるケースが多いのです。恋愛している時間の余裕もなく、気分も仕事モードに傾きやすいといえます。

30代男性が恋愛に慎重になる理由(2)結婚がチラつく交際にプレッシャーを感じる

同世代の独身女性と交際すると、何年か経てば必ず結婚話がでてきます。20代後半から30代の女性であれば、交際中の相手と結婚を考えるのが普通です。でも、事あるごとに結婚をチラつかせる交際は、男性を追い詰めやすくなりますね。交際だけでも精一杯なのに、その先の結婚を考えるとプレッシャーがかかるのです。かといって20代前半の女性では若すぎて物足りないし、年上になればもっと結婚が濃厚になるでしょう。30代男性が恋愛に慎重になるのは、交際=結婚という流れを避けたい心理からくるのです。

30代男性が恋愛に慎重になる理由(3)子供は欲しいが家族を養う自信がもてない

30代男性は、結婚を視野にいれた慎重な恋愛を考えやすくなります。家庭をもちたいと望む男性が、口を揃えて言うのが子供の存在です。結婚したい理由のうち、最も多い意見は、早く自分の子供が欲しいというものなのです。適齢期の女性も同じことを考えているケースが多いため、子供をもつという点で繋がりができますね。ただ、男性側は仕事が忙しい世代ですから、育児などは女性に任せっきりになる場合、子供と妻を養うため、それなりの収入を確保しなければなりませんが、そこに自信がもてない男性も多いです。

まとめ

今の時代、男女ともに結婚適齢期は30代になりつつあります。若い頃のように自由な気持ちで恋愛できず、常に結婚を意識せざるを得ないのです。男性は慎重な対応をしなくてはいけないため、どこか息苦しさを感じるのかもしれませんね。結婚を視野に入れるかそうでないかによって、恋愛への意欲も変わってくるのかもしれません。