【女性がドン引きする男のファッション】一緒にいるのが恥ずかしかった彼の服装

身だしなみは相手への礼儀でもある

ある夏の暑い日。私は付き合い始めてまだ2ヶ月もたたない彼と一緒に、花火大会にいく約束をしていました。花火大会といえば、浴衣です。私はこの日のために、デパートで少し奮発して浴衣を購入しました。浴衣に合う帯や小物も合わせて購入して、かなり散財してしまいましたが、大好きな付き合い始めの彼に見せたくて頑張りました。当日は美容室で着付けとヘアセットを頼みました。いろいろ調べて、最新の可愛い髪型にしてもらいました。浴衣に髪型に草履に、そしてネイルも完璧でいざ待ち合わせ場所に向かいました。そこで間もなくして現れた大好きな彼を見て、私は思わず逃げたくなりました。

その日、彼が着ていたのは・・・?

彼のその日のファッションは、ヨレヨレの古びたポロシャツに、汚い色の短パン。そして極めつけが、薄汚れた黒のサンダルです。そのサンダルはまるで庭用のように古びていて、このサンダルを履いて都内の電車に乗るには勇気がいるのではと思えるほどのものでした。私は即座に帰りたい!と思いました。なんだか私だけ張り切ってバカみたいだと思いました。その後電車に乗っても暫く怒りが収まらず、彼の顔を正気で見ることができませんでした。当然楽しみにしていた花火も、あまり綺麗に感じず、私はただただ彼と一緒にいたくなくて早く帰りたかったです。その後彼とは二度と会うことはありませんでした。