最近、妻の愛情が感じられない?!無意識に妻にストレスを与えている夫の特徴3つ

結婚当初はあんなに尽くしてくれていた妻だったのに、結婚生活を続けていくうちに妻の態度が変わってきたのではと感じる男性は多いのではないでしょうか。一緒に生活していくうちにお互いどんどん遠慮がなくなって最初はかぶっていた猫をポイと脱ぎ捨てる妻には妻なりの理由があったりするものです。知らないうちに夫が妻に大きなストレスを与えているのかもしれません。ここでは妻がストレスを感じやすい夫の特徴を考えてみます。

妻にストレスを与える夫の特徴3つ

(1)自分の仕事の事ばかりで妻の話を聞かない夫

社会人として働いていれば色々なことがあるでしょう。取引先との関係や上司、部下との関係など、男性にとってもストレスになるようなことが沢山あります。そんな時に会社の事で頭が一杯になり、家に帰ってもろくに妻と話をしなかったり、したとしても会社の愚痴ばかりだったりすることはありませんか?妻にしてみれば夫の会社の事は分かりません。会社の愚痴を聞かされてばかりだったり、自分の話したいことには適当な相づちしか打ってもらえなかったり、疲れてるからと話しすらする時間がなかったりすると楽しくないのは当然ですよね。たまにはお互いの話をするように心がけるのがよいのではないでしょうか。

(2)家庭の中では何もしない夫

夫が外に働きに出て妻が家庭の中の仕事をするという役割分担が出来ている家庭も多いと思います。それでも家庭内の仕事というのは休みがありません。妻も仕事をしているのであればなおさらです。妻が自分でペース配分をして色々と動いている中で、あれしてくれ、これしてくれと自分の世話を妻にすべて任せていませんか?妻はあなたの「お母さん」ではありません。ただでさえ忙しい妻の動きを邪魔してしまうと「それくらい自分でできるんだからやってよ!」と思われてしまいがちです。妻が大変そうな時は夫も率先して家事をすれば、2人の関係も改善するでしょう。

(3)妻の変化に無関心な夫

女性というのはいくつになってもきれいになりたい願望があるものです。新しい服を買ったり、美容院に行ったりしたあとなどは一言感想を言ってほしいのです。男性はあまり気づかないかもしれませんが、髪型を変えたりしても全く気付いてもらえなかったりすると女性としては私に興味がないのかなと思ってしまいがちです。何か雰囲気が変わったりしたと感じたらそれが気のせいだったとしても何か一言言うように心がけるといいのではないでしょうか。

まとめ

夫にとってはどうでもいいような事でも妻にとっては不満だったりすることはよくあります。初めは夫に尽くしていた妻も、夫からは当たり前の事のようにとらえられて、感謝の言葉すらもらえなかったりするとだんだんやる気がなくなっていくものです。最近妻が冷たくなってきたように感じているあなた。他人に何かをしてもらったらお礼をするように、妻にも何か一言かけてあげるだけで妻の気持ちはだいぶ変わってくるのではないでしょうか。