職場でモテる男になるには?20代女性に人気のあるおじさんになるテクニックとは?


30代~40代の独身男性であれば沢山の女性からアプローチされ、「どの子と付き合おうかなー?」と選ぶ自分を夢見る方も少なくないでしょう。
また、既婚男性であれば奥さんが居ても職場の女性から「好きです」と言われて「俺には妻と子供が居るから」なんてカッコつけて断る自分を妄想する人もいるかもしれません。

男であれば誰しもがこんな夢のようなモテモテ体験をしてみたいのではないでしょうか?

実際にそんな体験ができるのは一部のモテ男だけかと思うかもしれませんが、実は意外と簡単なことで女性からモテモテになることは可能なのです。

では、女性を勘違いさせてしまう程、効果のある職場でモテるおじさんになるテクニックを3つご紹介します。


(1)頑張った女性にさりげなくご褒美を渡す

同じ職場であれば、どの女性がどれほど頑張っているかは一目瞭然です。
1人で沢山の仕事を受けている女性や、責任が重すぎる仕事を上司に任されてやり遂げた女性に「”お疲れ様”ってことで今度ご飯でもどう?もちろん俺の奢りで!」と言ったり、「頑張ってたから差し入れ」と言って、仕事をやり遂げた女性にだけ、さりげなく飲み物や女性が好きそうなデザートを渡します。
1度ではただの「優しい人」と思われるだけで済まされてしまうので、3回程繰り返すことがポイントです。
そして他の女性には気がつかれないようにさりげなく行動することで、女性は自分だけ特別扱いしてもらっている気持ちになり、良い意味で女性は勘違いします。



(2)会話の途中でさりげなく褒める

30代~40代になると若者に人気のあるモノや女性の流行に疎くなってしまい、何がオシャレなのかよく分からなくなってしまうかもしれません。
ですが、流行りが何が何だか分からない状態でも、とりあえず女性を”褒める”事がポイントです。

褒め方としては「そのネイル綺麗だね」「最近より綺麗になったけど彼氏でもできたの?」というように、会話の中で褒めるようにすると効果は絶大です。

「シャンプー変えた?」「香水変えた?」などの細かすぎる褒め方は、「においを嗅いでるのか?」と気持ち悪がられてしまうので、近すぎず遠すぎずの距離感で褒めることが大切です。

そして、頻繁に女性を褒めていると「嘘っぽい」と思われてしまい、褒めても適当に流されてしまうこともあるので気を付けましょう。距離感と頻度に気をつけてください。頻度については、月に2回程度、定期的に褒めるくらいが調度いいです。



(3)「いつもありがとう」「遅くまでおつかれさま」と目を見て言う

職場での勤務年数が長いと、目を見ずに「お疲れさまでしたー」「ありがとう」と流れ作業のように言ってしまう方が多いでしょう。
ですが、女性は目を見て「いつもありがとう」「遅くまでおつかれさま」と言われるとちょっとドキッとしてしまいます。
女性が何かをやってくれた時は「いつもありがとう」と言い、頼みごとをやってくれた時は「ありがとう。また何かあったらよろしくね」と言い、残業をしている時は「遅くまでおつかれさま」と目を見て言うことがポイントです。

目を見て言う事にドキッとしない女性は少なくないので、かなりオススメです。



まとめ

どの方法もやり過ぎない事が大事で、定期的に行う事で効果を発揮することができます。
この方法を試してみて、あまり手ごたえを感じなかったとしても、3回はチャレンジしてみてください。3回続ければ、何らかのリアクションがあるはずです。

それでも手ごたえがイマイチだった場合は・・・残念ながら、その女性からあなたが好意を持たれることは難しいでしょうから、すぐに中止してくださいね。