男による「彼女いない歴=年齢」の男のための彼女の作り方アドバイス


生まれて今まで彼女がいないというのは決して自慢できないことですが、今の時代、「彼女いない歴=年齢」の男性が少なくないのも事実です。彼女は欲しいけど、自分には無理だとあきらめていませんか?

決してそんなことはありません。少し努力するだけで、彼女いない歴=年齢状態は脱出することができるのです。ここでは、男同士ならではのアドバイスをしますので、「彼女いない歴=年齢」の人は参考にしてみてください。


彼女いない=年齢はヤバイと自覚しろ!

ずっと彼女がいない、彼女がいたことがないという状態に慣れてしまってはいませんか?自分に彼女にできるわけがない、いつかは彼女ができるだろう、そんなふうに考えてしまう思考回路こそ、実は一番危険な状態。もし一度そういう回路が出来上がってしまうと、彼女を作る努力すら面倒になってしまうのです。彼女いない=年齢状態を脱出するためにまず必要なことは、自分は危険な状態にあると自覚すること、そして彼女を作るためならなんでもやるという決意をすることです。


なぜ自分には彼女がいないのかを考えろ!

どんな結果にも理由があるものです。まずは自分で「なぜ自分には彼女がいないか」をじっくり考えてみましょう。これはなかなかハードな時間になりますが、ここを乗り越えることが彼女を作るためには絶対に必要です。
ただし、彼女ができない原因として「見た目が悪い」というのは理由にはなりません。見た目が普通以下でも、彼女がいると言う人は珍しくありません。それ以外で、自分のどのような点が問題なのか、徹底的に考えましょう。自分だけでなく、周囲の意見を聞いてみるのもいいでしょう。親しい友達などに聞けばいくつかの答えが返って来るはず。まずその点を改善してみましょう。


女性に慣れろ!

彼女いない=年齢という人の中で、彼女ができない大きな理由として「女性に慣れていない」ということが挙げられます。男子校で育った、男兄弟ばかりだった、女性とどう接していいのかわからないといった場合、まず女性と話をすることに慣れることが必要になります。学校や会社など周囲に女性がいる場合には、細かいチャンスを探してできるだけ声をかけてみましょう。もし周りに女性がいないと言う場合や、知っている人には恥ずかしいという場合には、女性がいるお店を利用するといいでしょう。キャバクラやガールズバーなどに通って話をする練習をしてもかまいません。そういう店に抵抗がある場合美容室やスポーツジムに行けば、スタッフとして働いている女性と積極的に会話しましょう。そうして女性と話をすることに慣れる、緊張せずに女性と接することができるというのが彼女いない=年齢状態から脱出するための第一歩です。