三十路過ぎても割り勘デート?!「割り勘男がモテない理由3つ」

女性にもてない男性の行動として常に上位に挙げられるのが「割り勘」。必ずしも、デート代は男性がすべて持たないといけないというわけではありませんが、割り勘男がモテないのは事実です。一体、割り勘男のどういう行動が女性のマイナス印象の原因になっているのでしょうか。

割り勘男がモテない理由(1)スマートじゃないから

たとえば一緒に食事をしたとき、最後にお会計をするというのは初めから分かっているもの。でもほとんどの割り勘男は、いざお金を払うという段階になって「悪いけど割り勘で」などと切り出すものです。そんなことをしたら、せっかくの楽しい雰囲気が水の泡。スマートでモテる男は女性がお手洗いに行っている間にお会計を済ませていたりします。イケメンでもない、ただでさえモテない中年男性がテーブルで「じゃ、5000円」と女性からお札を受け取る姿と・・・。女性から見て、割り勘男がどう見えるかを考えれば、なぜ割り勘男がモテないかはすぐにわかるのではないでしょうか

割り勘男がモテない理由(2)一緒にいても安心できないから

女性というのは男性に頼りがいを求めているもの。それはいつの時代も変わりません。もちろんたくさんお金を稼いでいたり、気前がいいから頼りがいがあるというものではありませんが、初めてのデートで「割り勘」を持ち出されると、その人を頼っていいのかどうかちょっと心配になってしまうのは当たり前のことです。そのため、すぐに「割り勘」を持ち出す男性は女性にとっては「頼れない男」と判断されてしまうのです。

割り勘男がモテない理由(3)自分を大切にしなそうだから

もし何か欲しいものがあった場合、無駄遣いを減らしたり、他に欲しいものがあってもちょっと我慢してお金を貯めて欲しいものを手に入れる。それは当然の行為です。その欲しいものを女性に置き換えて考えてみると、女性が割り勘を嫌う理由がよくわかるはず。もし初めてのデートで全部割り勘を要求されると、「自分と付き合いたいと思ってデートしてるんじゃないの?」という気分になっても仕方ありません。もちろん女性の側だって、毎回デート代を全部持ってもらおうとは思っていません。しかし、付き合い始めた頃や、これから付き合おうという段階ですべて割り勘になってしまうと、男性が本当に自分と付き合いたいのかわからなくなってしまいます。女性が割り勘を嫌っているのは、男性の本気度を疑っているからでもあります。

まとめ

女性が割り勘を嫌っているのはただ単にお金の問題ではなく、男性に対する信頼感を抱きたいから。男性として、女性に好かれたいというときには、まずはお金は自分で負担するものと思っておいたほうがよさそうです。